hideの思い

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006.06.03

<<   作成日時 : 2006/06/04 02:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は小さな町の演奏会に行ってきました。
もう24年目だそうですが、初めて聴きに行きました。
母の実家があるこの町は、小さなころからウロウロしてたのですが、いつのまにか素敵なホールができていて演奏会があっているとは知らなかった。
たまたま知人が出演するというのを聞き、行きたくなったのです。
チケットはわずか800円、7組の演奏が聴けてこの価格はお得ですよね。
会場には満員ということはなく少し寂しかったのですが・・・
知人は最初に出て、いつも見かける格好とは違い、大人っぽい雰囲気にドッキリ。
この組ではクラリネット2名とピアノの伴奏でメンデスルゾーンの曲を演奏されたのですが、クラリネットは二人とも知人であったため、目を見開いて耳をかっぽじいて聴きました。
その後はピアノ独奏、ソプラノ独唱と続き、ピアノデュオの番。
大きなグランドピアノを入れ替えるのは大変そうであった。
ピアノデュオの一人は、出てきた瞬間にアレッと思った。
そう、私の母に似ていたのである。(笑)
母は日本舞踊しかやらないので勿論違うのだが一瞬驚いた。
その後はエレクトーンの登場。
気がつけばいつの間にか知人は着替えて裏方仕事。
頑張ってるなーって見ていたら、見てる姿に気付かれ思わず苦笑い。
私実家には子供の頃エレクトーンがあり、よく遊びで弾いたものである。
しかしこういった場所で演奏されている方の動きは凄い!
特に足の動きには凄いなーと感嘆するばかりである。
ドラム演奏に似たハードな動きができる奏者に拍手である。
その次はコーラスで皆がよく知っている曲を4曲。
私の右側にいたおばさまが一緒に歌われていたのがチョット気になったが(笑)
ラストは期待していた曲、ベートーベンの月光である。
私の座っている場所から舞台袖が見えていたのだが、奏者が緊張しているのが見えた。
知人に「大丈夫頑張って」といった感じで緊張をほぐされているようであった。
曲が始まると少しして「あっ」っと一瞬間違えたように感じたが、その後はしっかりと演奏されていたようだ。
全ての演奏が終わって、主催者の言葉があったがイマイチ慣れてないようであった。
その時知人はまたドレスに戻っていた。
なかなか忙しくて疲れたんじゃないかな?
なのに帰りは挨拶までしてくれた。
こちらこそこの演奏会を教えてくれてありがとう。
全体の感想として満足であった。
本格的なクラシックコンサートに行ったことはないが、私は気楽に行けるこのような小さな演奏会は好きなのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006.06.03 hideの思い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる